イビサクリームで黒ずみやかゆみは改善できるの?

肌のことで多くの女性が悩んでいるのがかゆみや黒ずみです。そして、この悩みを改善するのにおすすめしたいのがイビサクリームです。但し、このイビサクリームはかゆみを改善するケア商品ではありません。

 

あくまでも黒ずみを改善する為のケア商品です。ですが、黒ずみの改善効果といっても人によって様々ですよね。実際のところ黒ずみの状態にもよるところが大きく根気強く継続していくことも考えておくべきでしょう。

 

黒ずみの原因はそもそもケアに溜まったメラニンの蓄積が大きな要因といわれていますが、そのメラニンの増殖の予防と毛穴の保湿ケアを実現したのがこのイビサクリームです。また、イビサクリームはデリケートゾーン以外の箇所にも使用できます。

 

脇や乳首、ひざくるぶしなどの黒ずみに使用する事が可能で特に露出に多いひざくるぶしや内的要因が大きいとされる乳首の黒ずみの改善にも期待できるのはイビサクリームの特長ですが、これは

 

 

イビサクリームの重要成分である「トラネキサム酸」が大きく関係しています。


それは、「トラネキサム酸」が医薬部外品の美白有効成分として登録されているからです。このトラネキサム酸には止血作用やメラニン生成を抑制する作用もあるのでイビサクリームには欠かせない最も重要な成分なんですね。

 

その他、イビサクリームにはメラニン生成を抑制する天然の植物成分や保湿をアシストする潤い成分もたっぷり配合しているので安全且つ肌に優しいということも理解できます。しかし、改善を期待するには継続して使用することです。

 

黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム

 

>>>薬用イビサクリームの公式サイトはこちら

黒ずみ・かゆみの原因

かゆみや黒ずみ何らかの原因で起こるものですね。むだ毛の自己処理や日焼けによる乾燥などの外的要因もあれば、食事やアレルギー体質など内的な要因もあります。但し、食事療法などで内側から改善していくのは容易ではありません。

 

できれば、外的なケアで改善や予防ができるのであればそのほうが継続し易いですね。それでは、

 

 

かゆみや黒ずみはどのようなことが原因で起こるのでしょうか?


かゆみの原因って?

医療用語で「掻痒感」とも呼ばれるかゆみは放置しておくと次第に酷くなり皮膚疾患を引き起こすこともあります。直接、肌に刺激が加わり肌環境が変化することにより神経が刺激されてかゆみを感じることはそれ程まれではありませんよね。

 

その他、ストレスや毎日の食事によって体質が変化することで肌にかゆみを感じることもあるので特に内的要因がないのであれば、先ずは身近に始められる外的刺激の予防と肌のケアから行うことが重要です。

黒ずみの原因って?

黒ずみの原因は肌質にもよるところが大きいですが様々なタイプがあります。しかし、共通して云えるのはどれも毛穴が関係しているという事です。その為、内的な要因よりも外的な要因によって起る事が殆どです。

  • 毛穴の汚れ
  • 毛穴の乾燥
  • 毛穴の皮脂分泌
  • 毛穴へのメラニンの蓄積

多くは以上のような原因が考えられますがいずれもスキンケアや事前に対策することで改善や予防することは可能です。ではどのようなケアが適切であるかを調べてみました。

毛穴のお手入れ方法

毛穴の汚れは正しく毛穴の中にホコリや化学物質が溜まっている状態なので何日間かのサイクルで優しくクレンジングを行う手入れが必要です。特にデリケート部位のクレンジングを行う場合は優しく行うように心がけましょう。

 

次に毛穴の乾燥ですがこれは入念に保湿するに限ります。特にむだ毛処理後やクレンジング後は乾燥しているので保湿は必ず行いましょう。但し、保湿を行う為に使用するケア商品の選択が重要です。

 

そして毛穴の皮脂分泌ですが皮脂分泌を抑えるには日頃のお手入れが重要になってくるのですが食事等による体質改善によって皮脂分泌を調整することも大切です。最後にメラニンの蓄積ですがお手入れ以前に予防も大切です。

 

特に紫外線によるメラニン色素の増殖は日焼け対策を行うことで増殖を防ぐことができます。ピーリングや化粧品等でメラニンの生成や蓄積を防ぐことは可能ですが日頃から紫外線を意識することで抑制することもできます。

黒ずみケア対策ならイビサクリームがおすすめ!

女性の脱毛による肌トラブルの悩みは今になって始まったことではありません。その中でも代表的な悩みが黒ずみですよね。

 

特に最近日本ではアンダーヘアのムダ毛の処理がエチケットとして浸透しつつあるのでデリーケートゾーンの黒ずみに対する悩みも増えてきています。日本は海外に比べて黒ずみ対策のケア商品がそれほど豊富にあるわけではありません。

 

ましてや海外のケア商品を使用した場合には肌質が違うので肌トラブルを起こすのではないかという不安もありますよね。できれば、日本製で黒ずみ対策のケア商品がないものかと調べていたところ、イビサクリームという黒ずみ対策のケア商品を見つけました。

 

このイビサクリームは実際にブラジリアンワックス脱毛サロンにて何度もサンプルテストを繰り返しモニター様からのアンケート回収や成分チェックにより研究開発されたケア商品なので安心です。

 

黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム

 

>>>薬用イビサクリームの公式サイトはこちら

イビサクリームの特徴は?

  • 医薬部外品-医薬品ではありませんが厚生労働省の薬事法で定められたもので医薬品に比べて作用は緩和ですが改善効果が期待できる成分が含まれている。
  • 黒ずみの原因を抑制-黒ずみの原因となるメラニン生成を抑制する安全な植物成分を配合している。
  • 保湿成分で潤いを保つ-脱毛後のケアで最も重要な保湿成分を配合している。
  • 無添加-刺激を引き起こす原因となる添加物は使用していない。

以上ですが、安易に信用してしまうのはケア商品選びで失敗してしまうひとつの要因なのでイビサクリームに含まれている成分や使用していない添加物についても調べてみました。

イビサクリームに含まれている薬用成分について

 

  1. トラネキサム酸はアミノ酸の一種で止血作用、メラニンの生成を抑制する作用、赤みや腫れをやわらげる作用がある。トロンビンという止血薬との併用はNG。
  2. グリチルリチン酸2kはマメ科の甘草から抽出した成分の誘導体で抗炎症作用や抗アレルギー作用がある。高い殺菌作用もあり、他の医薬部外品でも多用されている成分。

イビサクリームに配合されている4種類の植物成分について

 

  1. サクラ葉抽出液はヒスタミン遊離抑制、接触皮膚炎抑制、カラゲニン浮腫抑制、アラキドン酸耳浮腫抑制などの作用がある。サクラ亜属の葉から抽出したエキス。
  2. カモミラエキスは皮膚の保湿やコンディションを整える作用がある。カミツレの花から得られたエキス。
  3. ダイズエキスはイソフラボンなどを含み美白作用にも期待ができる。ダイズ種子を水などで抽出して得られたエキス。
  4. オウゴンエキスは保湿作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用があり、コガネバナの周皮を除いた根から抽出されるエキス。

イビサクリームに含まれている潤い成分について

ヒアルロン酸ナトリウム2 鶏のトサカから特殊な方法で抽出したヒアルロン酸吸収食品を主成分とする物質群で低分子ヒアルロン酸とも呼ばれ、ヒアルロン酸の体内への吸収力も高い。
シロキクラゲ多糖体 粘りのある透明なゲル状でヒアルロン酸ナトリウムよりも更に高い水分量の保持に作用する。
乳酸ナトリウム液 乳酸と水酸化ナトリウム溶液を反応させて化学的に得られる成分で保湿効果も期待でき殺菌作用もある
ローズ水 蒸留されたバラの天然成分を含む水。皮膚の弾力の回復や女性ホルモンの分泌の促進にも役立つ。
BG 刺激の少ない抗菌剤の一種。刺激の強いアルコールや防腐剤の代用にもなる。
1,2-ペンタンジオール 外原規2006に収載されている極めて安全性が高く低刺激で抗菌性に優れている。
グリセリン 植物油から抽出する透明の液体で水に溶け食品の甘味料としても利用される安全性の高い成分。
1,2-ヘキサンジオール 保湿剤や抗菌性高い溶剤にも多用される成分。BGよりも低濃度で高い抗菌力を発揮。

 

黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム

 

>>>薬用イビサクリームの公式サイトはこちら

イビサクリームはどこで購入すればいいの?

 

イビサクリームってドラッグストアで売っているのかなぁ・・・


実はイビサクリームは薬局などで市販はされていません。確かに気軽に購入できるという点では薬局やドラッグストアなどでも販売して欲しいところですが実際に市販されていたところで積極的に買いにいけるかどうかは疑問です。

薬局やドラッグストアで市販していない理由って?

確かに共通した悩みを抱える女性店員のいるドラッグストアであれば抵抗もありませんが、男性店員や同じ悩みを持たない女性店員のいるドラッグストアでは少し抵抗がありますよね。それに市販されているケア商品であれば

 

 

実際に公式サイトで販売されている価格では販売していないかもしれません。


今ある販売価格で購入できるのはコストをかけないという点でも市販しないメリットのほうが購入者にとっても大きいからです。それでは、公式サイト以外の通販サイトでは販売されていないのでしょうか?

大手ネット通販でも購入できないってどう?

実のところ、大手ネット通販のAmazonや楽天市場でもイビサクリームを購入する事はできません。Amazonや楽天であれば安く購入できるのではないかと考える気持ちは理解できますが購入者にとってメリットばかりではありません。

 

 

Amazonや楽天では売っていないのかぁ・・・


市販するケースと同様でやはり、そこにはコストが発生します。Amazonや楽天市場で掲載して販売するということはAmazonや楽天市場に対して手数料を支払わなければなりませんよね。なので販売価格に影響があっても不思議ではありません。

イビサクリーム購入者への配慮

なのでイビサクリームを購入する方法は今のところイビサクリームの公式サイトでしか購入することができません。コスト面の事を考えれば公式サイトのみで販売している商品であれば販売者側からしても最もお得な価格で提供できるのではないでしょうか?

 

 

通販でも宅配業者の人に中身を知られるのは恥かしいかも・・・


また、市販で販売している場合と同様で梱包はされているものの宅配業者に中身を知られるのではないかという心配をする女性もいるとは思いますが、梱包も中身がわからないように配慮されているので心配は無用です。

 

黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム

 

>>>薬用イビサクリームの公式サイトはこちら

イビサクリームの申込み方法

イビサクリームを購入するのであれば公式サイトより申込むことになるのですが、定期購入などいくつかパターンがあります。

通常購入 単品購入(通常価格)

  • 7,000円(税別)/360円(送料)+150円(手数料)

定期購入 毎月2本セット購入(特別価格)

  • 8,800円(税別)/(送料無料)

集中ケアコース 単品定期配送(コンビニ後払い)

  • 4,970円(税別)/(送料無料)

集中ケアコース 単品定期配送(クレジットカード払い)

  • 4,470円(税別)/(送料無料)

以上が購入パターンになりますが、おすすめはやはり集中ケアコースです。というのも肌質は人によって違うので効果を実感できる時期も人それぞれだからです。公式サイトでも最低2ヶ月以上の使用を推奨しているので単品購入だと損しますよね。

イビサクリーム定期購入の解約・一時停止について

定期購入した場合に一番気になるのが途中で解約したり、一時停止はできるのかということですよね。勿論ですが、

 

 

3回目以降であれば解約も一時停止もできます。


また、周期変更や再開の手続もできるようです。なので万が一効果を実感できなかった場合や改善できて使用する必要がなくなった場合でも3ヶ月以降であればいつでも解約できるので効果を確める意味でも定期購入をおすすめします。

 

黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム

 

>>>薬用イビサクリームの公式サイトはこちら

イビサクリームのQ&A

イビサクリームはデリケートゾーン以外の箇所の黒ずみにも使用できるの?

乳首、ワキ、二の腕、ひじ、太もも、ひざ、背中、デコルテ、 お尻等にも使用可能です。

イビサクリーム1本の使用期間について

約1ヶ月?1ヵ月半です。なので複数箇所に使用する場合は短くなると考えてください。

イビサクリームの返金保証について

万が一、肌に合わなかった場合、購入後28日以内であれば電話連絡で返金してもらえます。但し、初回購入に限るようです。また、返金を受ける場合には以下の2点を返送する必要があります。

  1. お買い上げ明細書
  2. 商品の容器

尚、返金する振込み手数料や事務手数料を差し引かれての金額になるようです。なので購入時の送料や決済手数料は返金対象外です。

妊娠中のイビサクリームの使用について

専門医に相談してから検討する必要があります。

イビサクリームは注文してからどれくらいで届くの?

注文を受けてから2日〜6以内に発送されるので遅くとも1週間後と考えてください。

黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム

 

>>>薬用イビサクリームの公式サイトはこちら

こんなケア方法は今すぐ見直そう!

 

黒ずみの原因の筆頭に挙げられるのが自己流のケア方法です。


だからといって専門のサロンやエステを利用しているからといって黒ずみにならないとは限りません。日々のケアを怠ると高額な費用を支払ってお肌のお手入れをしていても黒ずみを解消する為に再び費用を投じなければならなくなるのです。

 

自分のケア方法で問題がないかを今一度、見直してみましょう。

  • ムダ毛を剃刀で処理している
  • 刺激の強いボディソープやアフターケア商品を使用している
  • 脱毛後、特に保湿ケアなどは行っていない

上記のようなケースの場合は特に改善が必要です。既に黒ずんでしまっている人は直ぐにケア方法を見直す必要があります。ですが、ムダ毛の処理で剃刀を使用していた人がいきなりサロンやクリニックを利用するのは少しハードルが高いですよね。

 

なので、できるだけ毛穴への刺激が少ない除毛器の使用がおすすめです。熱線でムダ毛をカットするデリケートゾーン専用の除毛器で脱毛とまではいきませんが安全に使用できるものであれば尚更ベストです。

 

そして毎日使用するボディソープやアフターケア商品はできるだけ低刺激のものを使用して入浴後は必ず保湿ケアを行うようにすれば黒ずみになる原因をある程度防ぐことができます。あくまでも原因を断つ正しいケア方法なので

 

 

既に黒ずみ状態になっているのであれば話は別です。


黒ずみ状態の改善にはケア方法の見直しとイビサクリームの使用がおすすめ!

実際に黒ずみができてしまってからではケア方法を見直したところで改善できるには相当な時間がかかるので黒ずみ改善のケア商品を使用することでできるだけ短期間で改善を目指すことです。黒ずみのケア商品は使用する部位によっても多少異なるのですが

 

 

イビサクリームの場合は特にデリケートゾーンの使用におすすめです。


また、バストトップやワキ、肘や膝にも使用できるので複数箇所の黒ずみがある場合でもイビサクリーム1本で大丈夫です。他の黒ずみケア商品の中にはワキは使用できてもデリケートゾーンには使用できない商品もあるので気をつけましょう。

 

そんなイビサクリームでも他のケア商品と同じく使用する人の黒ずみ状態やケア方法の改善によって即効性には違いがあるので2ヶ月以上は使用してみることです。使用する場合は下着選びや食生活にも気をつけると効果を実感できるのも早いでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみにおすすめのイビサクリーム

黒ずみは基本的に皮膚の薄い箇所にでやすいといわれています。特にワキやVIOといった箇所の脱毛は刺激を受けやすくメラニン色素によって黒ずみがでやすいのです。ワキやVIOといったデリケートゾーンは露出頻度の少ない箇所ではありますが

 

 

女性にとっては大きな悩みです。


デリケートゾーンの黒ずみの原因とケア方法

デリケートゾーンの黒ずみの原因の多くは脱毛によるですが特に近年では脱毛サロンやクリニックを利用する女性も増えてきていることからそれに比例して肌トラブルに悩む女性も増えてきています。特にVIO脱毛でサロンなどを利用する女性は増えていますよね。

 

女子力アップの為にVIO脱毛してもその箇所が黒ずんでしまっては脱毛するメリットがありません。デリケートゾーンの中でも「小陰唇」の黒ずみに悩む女性が最も多く、「大陰唇」や「お尻」も黒ずみ易い箇所なので脱毛後のケアに気をつけなければいけません。

 

その他の原因としては、ホルモンバランスの変化や下着の摩擦による肌への刺激があげられますが、逆にいえば

 

 

食事や下着の選び方ひとつで防ぐことのできる肌トラブル


なので日常生活にも気を配る必要があります。では、実際に黒ずみができてしまった箇所にはどのようなケアが必要なのでしょう。

デリケートゾーンを美白する肌への影響は?

単純に考えて黒ずんだ箇所を改善するには美白するという方法があります。黒ずみを美白するというイメージだと少し刺激の強いケア商品を使用しなければならないイメージがありますが、低刺激のケア商品で美白するので基本的に心配する必要はありません。

 

クリニックなどではピーリングといった方法や手術によって黒ずみが発生するリスクを小さくすることは可能ですが、万が一2次トラブルが起った場合には逆にリスクが高くなることからあまりおすすめはできません。

 

ですが、美白ケア商品で改善するのであれば、改善に必要な期間は十分に必要ですがケア後に万が一2次トラブルが起きたとしても使用をストップすれば良いだけなので最もリスクが小さいといえます。当サイトで紹介しているイビサクリームであれば、たっぷりな

 

 

  • 保湿成分
  • 美白成分

を含んでいるのでデリケートゾーンの黒ずみにぴったりのケア商品です。